FC2ブログ
admin

疾走

レンシュウ
物語の終わりはハッピーエンド
みんな仲良く幸せに暮らしましたとさ

みんなって誰
幸せって何

物語は終わることのないエンドレスワルツ

螺旋階段のような世界を回り続ける

結末は上にありますか 下なのでしょうか
世界は変わる 変わらない

差し出される手
掴み取る手

壁の花もお美しい

踊れ 踊れ 狂うまで
スポンサーサイト
18.JanuaryFebruaryMarchAprilMayJuneJulyAugustSeptemberOctoberNovemberDecember 2007

心身

レンシュウ
心は体の中にあるの
血と肉の中にあるの

だから
どろどろしているの

だから
あたたかい
18.JanuaryFebruaryMarchAprilMayJuneJulyAugustSeptemberOctoberNovemberDecember 2007

過去

レンシュウ
モナ リザ のように

目の前の真実だけを
目の前に真実は無くとも

優しさだけを
優しさでは無かったとしても

正しい姿を
正解が無くても
14.JanuaryFebruaryMarchAprilMayJuneJulyAugustSeptemberOctoberNovemberDecember 2007

シンメトリー

レンシュウ
左の耳だけがじんじんと熱を持っている
胸の左側がざわざわと煩い

じわりじわり広がって行く

両手を広げて
全身で受けて

飛んで行くから
04.JanuaryFebruaryMarchAprilMayJuneJulyAugustSeptemberOctoberNovemberDecember 2007

流出

レンシュウ
心を揺さぶられる話を読んで彼らと同じ年に読んでいたなら変われただろうかと考える。選ぶのはいつだって自分。まわりの大人の影響は大きい。大人の大切は現実味がなくて軽くて滑り落ちてしまう。大人のなかでは過ぎてしまってきれいに整理整頓整っているから。余分なものはなくなってる。その余分が手放せないのに。どこかに置き忘れてたり、しまっていたり。違う道を見かける度あのときこのみちをえらばなければとおもう。歩いてきた道はまっすぐでも複雑に曲がりくねっていてもひとつだから。短くてもながくてもひとつの物語しか紡げ無いの。そして何時だってたった一人の主人公。
01.JanuaryFebruaryMarchAprilMayJuneJulyAugustSeptemberOctoberNovemberDecember 2006

menu

photo

  • Anteater
    by 蟻喰い

other

  • master»Puppe
  • confirmed»Win/IE8.0/1680*1050/
  • used»CSS/Javascript
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。